<   2011年 03月 ( 12 )   > この月の画像一覧
twitter はじめました
デザインネタ/時事ネタ/文句/皮肉/無駄ばなし は 「J_JetMinMin」
ニュースリリース/Topperの様子/無駄ばなし は 「M_JetMinMin」
JetMinMinのプロダクトのこと は 「JetMinMinNews」
でつぶやき中です。
「J_JetMinMin」は時々体制批判も飛び出しますのでフォロー要注意!

twitter.com
by jetminmintopper | 2011-03-29 17:15
エイトビート/ザ・クロマニヨンズ


ただ生きる 生きてやる 呼吸を止めてなるものか!  ・・・だよな日本!!
by jetminmintopper | 2011-03-25 23:08
TOTE AS CANVAS
ROOTOTE さんの毎年恒例のチャリティーイベント「TOTE AS CANVAS」が今年は東日本大震災で被害にあった子供達にアツいメッセージを送ります。
JetMinMinも浜松のアトリエから「賛同」のエールを送ります。『スバラシイ!!』
お好きなタレントさんやスポーツ選手やミュージシャンなどの「1点もの」の作品が買えて、被災地の子供達を応援もできるこの企画、みなさんも参加してみては。
by jetminmintopper | 2011-03-25 22:00
WHITE-BALLOOON!
ボランティア支援の東日本応援バッグ "WHITE-BALLOOON!/ホワイト・バルーン!"
3月12日 "CHEER/チア" という名前で発表しましたが、同名のメーカー様にご迷惑がかかると判断し変更しました。

b0162086_2265750.jpg
3月11日(金)東日本で大地震と大津波による大災害が起こってしまいました。私達JetMinMinの住む浜松も大きく揺れ慌ててテレビをつけました。次から次へと届けられる被害の映像。津波が上陸して車や建物をのみ込んでどんどん内陸に向って行く映像はショッキングでした。最初の頃は滅多に目にしない映像を珍しがって画面の写真を撮ったりしていましたが、想像をはるかに超えた恐ろしさにもうそれどころではなくなりました。ただただ恐かった。ただただ恐くて立ったまま見るテレビから目を離せませんでした。被害状況を知らせるニュースを見るにつけ猛烈な悲しみが込み上げてきました。涙はなく、怒りに似た感情、クッソー!こんなにしやがって!! このやりきれない思いをどこにぶつければいいのかわかりませんでした。
その時、なぜか「何かしなければいけない」と思っていました。うちひしがれて思うように体が動かなくなる中「何ができるか」だけを考え続けていました。土曜日、これは大変な災害になってしまったということだけは理解できました。そして国をあげて復興に取り組まなければ元にもどらないんじゃないかと感じました。なぜかそんな中、被災者達への物資や経済的支援に関してはメジャーすなわち国や企業や保険会社がなんとかしてくれると直感しました。戦後の復興がそうであったように。そうなると、我々インディーズのすべきことは体を張った復興のお手伝い(ボランティア)です。ただ、私達のような個人商店には、日々の経済活動は生活の支えなので、東日本に出向くのは・・・。そこで私達のこのブログやJetMinMinのホームページをご覧いただいている方々がもしボランティア活動に行くのであればそれを何らかの形で支援したいと思いました。困難な旅に出る友人にお守りを持たせるように、ボランティアに行く人達に何か持たせてあげたい、私達には「BALLOOON!」という何でも入れられるドデカトートがあるから、それを景気づけに持たせてあげようと決めました。ただ、おとなの事情でレギュラーの「BALLOOON!」をタダであげるわけにはいかないので、ちょうど進行中だった浜松で織った生地を使ったシリーズの新作として「WHITE-BALLOOON!」を急遽リリース、このプロジェクトを立ち上げたのです。震災の翌日。
こうなればコンバットロックだ! このような事態を引き起こした天災と戦おう。何が何でも復興させよう。この国を守ろう。今こそジェット噴射のタイミング。JetMinMinのアトリエは今日から小さな復興支援工場だ!!(・・・もちろん経済活動も大切ですが・・・)
なかには「見返りが欲しくてボランティアにいくんじゃない!」とか「物で釣ってボランティアに仕向けるなんて不謹慎だ!」とお怒りになる方もいるだろうことは重々承知ですが、ボランティアというのは末端の存在、非常に弱い立場です。その自発行動は完全に自己完結にして自己責任、お腹がすいたりのどがかわいたりしても誰もいたわってはくれません。現場は被災者優先だからです。それを承知であえて困難な場所に行くのであれば、ヘルメットや軍手や雨具はもちろん水や食料、万が一帰れなくなった時のための毛布や着替えは必ず持っていかなくてはなりません。でも、みんながみんなそんなに大きなバッグを持ってはいないだろうと思うのです。そんな人には私達のドデカトートを持って行ってもらいたいのです。立派なリュックを持っている方には必要ないでしょうけど、そういう物は何もないけど気持ちだけはプロのNGOボランティア団体並みだという方のお役に立ちたいのです。
みんなの「何かしたい」気持ちに少しでも便乗できたら、この「WHITE-BALLOOON!」プロジェクトの意味があるのかなあと感じます。カッコつけてボランティアを楽しんできてください。
また、ありがたく有料でご購入いただける方々にも間接的に復興支援ができるように、商品金額の半額にあたる1点につき10,000円を「Think the Earth 基金」に寄付させていただきます。また、もう半分の10,000円は私達の「WHITE-BALLOOON!」プロジェクトを支える大きな力になります。ずうずうしくて言いにくいことではありますが、ぜひ、ご購入の方もよろしくお願いします。

THE-TOTE画像
THE-TOTE画像
THE-TOTE画像THE-TOTE画像

"WHITE-BALLOOON!/ホワイト・バルーン!" ボランティア支援の東日本応援バッグ 21,000円(税込/軍手とカラビナとコップ付き)



●形と大きさは「BALLOOON!」のレギュラーサイズと同じ(ストラップは+5cm)です。


●写真「J」の部分にイニシャルなどお好きなステンシル英文字を1文字入れられます。

●東日本被災地域にお住まいでボランティアに2日以上参加される方には無料で配布します。制作規模の都合上、本人からのご注文のみ(1人1点)とさせていただきます。
●有料販売分の半額/10,000円(1つにつき)を「Think the Earth 基金」に寄付します
(「Think the Earth 基金」は現在、地域を分担して活動しているNGOボランティア団体に寄付金を振り分けてくれる基金です。各NGO団体は今回の東日本大震災でもいちはやく現地入りし、ヘリや地上から被害状況を調査、把握し、すでに(早いところは日曜から)各地の避難所に救援物資の輸送はじめ衛星電話の貸出しなど救援活動を行っております。このようなボランティア団体は、地元の素人ボランティアのリーダーとして働く経験や装備が整ったプロのボランティアとして、災害時なくてはならない存在なのですが、国や公からの援助はなく、活動に賛同する一般からの寄付のみで成り立っています。藤原紀香を起用してテレビCMをうつ日本赤十字社とは違い(CMにいくら使ってるんだろう?)、実行力のある力強いインディーズなのです。この寄付は彼等の活動を支える資金として活動費や救援物資になります。)
●すべて私達JetとMinMinのハンドメイドです。お手元に届くまでお時間がかかる場合があります。また、主旨の都合上、被害の大きかった岩手県、宮城県、福島県へのデリバリーを優先させていただきます。ご協力よろしくお願いします。
●色は生成りのみです。すぐ汚れてしまいますが洗濯機でガンガン洗えます。洗っても落ちない汚れはあなたがみんなの役に立ったことの証。マジックを持って行って寄せ書きをもらったり、自分なりにカスタムしてお使いください。
●この「WHITE-BALLOOON!」プロジェクトは東日本の復興が進みボランティアの必要がなくなるまで続けます。早く終わりにできるといいのですが。

ご注文はコチラ
備考欄に「ボランティアに行きます」または「購入します」とどちらかわかるように明記してください。

余談ですが、これは浜松で織られた生成りの生地でできています。昔、浜松は綿織物の産地で最盛期には4000もの工場があったと聞いています。辛うじて生き残っている、元気のいい織物工場を探しまわってやっと見つけて、そこにあったデッドストックでB反の生地を有償で分けてもらっています。誰も使わなければ腐らせてしまう生地です。今では数える程になってしまった「浜松の織物屋」に少しでも元気になってもらえるように、という願いも込められています。
NGOボランティア団体のひとつ、ピースウィンズ・ジャパンの代表がこう言っていました。「まだ、火の手があがり、死体がゴロゴロ転がって、この国はもうおしまいだ、というような現場で何度も復興を手伝いましたが、どこも数年のうちに立派にきれいな街に生まれ変わっています。元に戻らない被災地はないんです。」と。希望を持って、「WHITE-BALLOOON!」にパンパンに詰め込んで、完全復興を目指して頑張っていきましょう。ひょっとすると目を見張る程の西日本が羨む程の「スマートシティ」に生まれ変わるかもしれませんよ。

POWER FOR THE PEOPLE !!!  ひとりのちからをみんなのために

参考サイト
東日本大震災「災害ボランティア」まとめサイト
どこに寄付をしたら、どこにお金が行くのか
Think the Earth 基金
Yahoo! ボランティア
by jetminmintopper | 2011-03-21 02:40 | WORKS
ボランティア情報
ピースウィンズ・ジャパン というボランティアのプロ組織があります。ぜひ参考にしてください。
この組織に寄付することで復興支援を間接的に応援することもできます。
by jetminmintopper | 2011-03-18 22:38
浜松市にお住まいの方へ
浜松市では中古自転車を回収して仙台市に送ることを計画しているそうです。
詳しくはコチラ
「いいだ」「わるいだ」の検証は後にして、今はとにかく「よかれ」と思うことをやってみましょう。何もない被災者達に何か少しでも役にたつのであればそれでいいんじゃないでしょうか。
今回の震災はあまりに広域なため、義援金はその使い道その他の調整にたいへん時間がかかるので、被災者の手元に届くのは早くて3ヶ月後だという情報もあります。
by jetminmintopper | 2011-03-17 21:10
ボランティア情報
社会福祉協議会のホームページによると、宮城県、福島県ではボランティアの受付が部分的にはじまっています。詳しくは各地の社会福祉協議会のホームページをご覧ください。

JetMinMinからのお願い
●ボランティア活動は基本的に一切の責任は自身にかかってきます。重々お考えいただき参加してください。まずは自分を大切にしてください。
●現地には宿泊施設はありません。また、燃料や食料もありません。気持ちだけが優先して行ってしまうとかえって被災者の迷惑になります。活動開始時期は各自おとなの判断をお願いします。
●今回の震災の復興は確実に長期戦になります。「今何かしたい」気持ちは少しおさえて長い期間で貢献することをおすすめします。
●ボランティア活動ははじまっていますが、被災地では日帰りできる範囲にお住まいの近隣住民にたいして呼びかけを行っています。野宿は絶対いけません。また県外からの流入による交通混雑もかえって迷惑をかける原因になります。
●今、被災地が必要としているのは救援物資です。個人からの寄付ではありません。今は政府や企業におまかせしましょう。私達の出番はもう少し先です。今は各自作戦を練っておいて、その時一生懸命活躍しましょう。

ボランティア支援の東日本応援バッグ"WHITE-BALLOOON!"は、復興が進みボランティアが必要なくなるまで続けるつもりです。私達が作れる範囲ですからわずかな量しか配布できないかもしれませんが、私達はこの方法で復興支援をし続けるつもりです。
また、浜松から東日本方面への宅配便の配送は未だ止まったままです。もう少し落ち着かないと配布ができないようです。だからみなさんもあせらなくて大丈夫。
by jetminmintopper | 2011-03-17 13:55
365歩のマーチ/水前寺清子

by jetminmintopper | 2011-03-17 02:09
I'M O.K.
3月15日午後10:30頃静岡県東部を震源とする地震がおきましたが
私達の住む浜松は全く大丈夫です。ご心配なく。恐かったですけど。
私達は東日本大地震の後、不測の事態に備えて「BALLOOON!」にパンパンに
非常持ち出し品を詰めて、工事用ヘルメットも用意して常に近くに置いています。
もちろんTopperの荷物も「Tripper」と共に。
備えあれば憂い無し。みなさんもお気を付けて。
by jetminmintopper | 2011-03-15 23:48
3/14日現在 ボランティアの受付は行っておりません
東日本応援バッグ "WHITE-BALLOOON!" の配布は絶賛受付中ですが、現在、被災地はまだ混乱の中、人命救助を優先して行っています。余震や津波の危険もあり、県内外からのボランティアの活動はまだ行えない状況です。各地にボランティアセンターは設置されていますが、無理に被災地に向うと逆に迷惑をかけてしまうことになりますので、決して強行しないでください。
ボランティアに関する受付や情報収集は、各県の社会福祉協議会のホームページをご覧ください。
岩手県社会福祉協議会
宮城県社会福祉協議会
福島県社会福祉協議会
また、被災地以外にお住まいの方はお住まいの各県の社会福祉協議会で、援助物資の仕分け作業などのボランティアを募集しています。各県の社会福祉協議会のホームページをご覧ください。
静岡県社会福祉協議会(ちなみに現在注意事項の掲載のみ)
コチラでも情報収集が可能です。
一刻も早く救助活動が終了し、余震等の心配がなくなり、復興活動が開始できるように祈りましょう。


本日、"WHITE-BALLOOON!" の制作をお手伝いしたいという方からお電話をいただきました。嬉しくて泣きそうになりました。現状はまだ制作に追われているという状況ではありませんのでお気持ちのみありがたくいただいておきます。民間企業各社が物資の支援や、スノーピークやモンベルがテントの無料設置などを行っています。私達インディーズな個人商店も出来ることは最大限すべきと思い活動を開始しましたが、はたして正しいことなのかどうか自分ではわかりません。でも、そこらへんはパンクロック魂で脇目もふらず突っ走ろうと思います。Rock'n Roll !!
by jetminmintopper | 2011-03-14 21:08