<   2010年 12月 ( 13 )   > この月の画像一覧
おわりがあればはじまりも
a0101591_13373584.jpg
今年ももうすぐおわり
親しい人とのあいさつは「よいおとしを!」な中
東京原宿の「TokyoHipstarsClub」が昨日エンディングを迎えた
今の経済状況のもとではしかたないと理解しつつも
正直なところ残念なことでもある

でもさあ

ああいう立派な建物でガチガチに守られた中で催される文化活動って
もうずいぶん古いよね
そんな場所から新しいものが生まれるなんて想像ができないよね
昨日はびっくりする程建物に入りきれない程の文化人が集まり
東京の「おもしろい」の「火」は消えていないことを証明した
あれだけのおもしろい「人」とおもしろいアーティスト達の「作品」があれば
どこでだって文化活動はできるんだって
例えばビル解体後の跡地だって
例えば裏通りの空きテナントだって
例えばどこかの階段の踊り場だっていい
そんな予想もつかない場所から発信されるものごとこそ
ほんとうに新しい「こと」なんだと
おもしろい人が集まればそこが
ほんとうにおもしろい「場所」なんだと

T.H.C.'s Burning
その建物は燃え尽きた
火の粉は舞って飛び広がり
あっちこっちで火の手があがる

来年はいろんな意味で楽しみだ
by jetminmintopper | 2010-12-28 13:24 | CULTURE
Merry Christmas !
b0162086_1339979.jpg
メリークリスマス!

今年はどんな年でした?
私達JetとMinMinは今年は新装店舗のデザインは1件だけ
店舗デザイナーとしてはなんとも寂しい結果でしたが
JetMinMinProductsはいろんな雑誌にとりあげていただき
なんだか嬉しいコメントもたくさんいただき
毎月発注もいただきだんだん楽しくなってきました
私生活ではふたりが入籍して夫婦になったこと
とても言えないような不幸なこと
その結果として至急引越先を見つけなければいけないものの
なかなか理想的な物件が見つからず
すごく大切なことをやり残したまま年越しになりそうですが
すでに来年の予定が目白押しで
今年やりきれなかったProductsの新作の企画もたまっていて
新しくやりたいことも山ほどあってすごく楽しみな2011です

今日は久しぶりに16年前に祭壇を作らせていただいた教会の
クリスマスのミサに行ってこようと思います

なにもかもうまくいった人
なにもかもうまくいかなかった人
おだやかな一年だった人
山あり谷ありだった人
去年とたいして違わなかった人
いろいろあるでしょうが
来年はもっといい年になるように祈りましょう
そして余裕があれば誰かに何かためになることをしましょう

みなさまにとってメリーな(ウキウキした)クリスマスになりますように
by jetminmintopper | 2010-12-24 13:42 | OTHER
EC-03
昔、高校生だった頃、親父の留守中に親父のヤマハ・ベルーガを勝手に乗り回したことがあった。無免許で。当時は50ccのバイクにはヘルメット着用義務がなく、そのベルーガは70ccだったけど、万が一おまわりさんに遭遇した時50ccに見せかけた方がいいかなあと思って(なにしろバカな高校生だったから)ノーヘルで。それまでは移動手段といったら、公共交通機関以外は歩きか走りか自転車だったから、グリップを回すだけですごいスピードで前に進むということに異次元の感覚を覚えた。
高校を出て、就職して、それまで乗っていたヤマハ・SRがシグナルレースに負けっぱなしで(当時は今ほどの交通量はなく、赤信号で隣りにバイクが止まった場合、青に変わる瞬間にお互いがフル加速すれば必ず次の赤信号まではレースになった)もらった給料を全部使って中古のスズキ・RGγ(ガンマ)を買った。最初の頃はおとなしく乗っていたが、ある日、シグナルレースになって、うっかりフル加速してしまった。2速で何だかいつもと違う感じがして、3速でウイリー。あせってスロットルも戻せなくて慌てた。レースの相手はトップスピードにのる前にレースを放棄した。こんなスゲー乗り物があるんだと思った。
それから、いろんなバイクやスクーターに乗ってきたがこれといった新感覚を感じることもなく、それよりもどれだけ「イバリ」が効くかどうかのような価値観にいつの間にかなってしまい、純粋にバイクに乗る楽しみを忘れかけていた。
先日、久しぶりにビックリした。バイクに乗って楽しかった。そのバイクがこれ。ヤマハ・EC-03。「GIGANT」さんで乗る機会を得た。
a0101591_123253.jpg
a0101591_123910.jpg
以前からエレクトリックビーグルの存在は知っていたし、興味もあって、イベントを見に行くこともあったけど、乗るのは今回が初めて。マフラーがない。そうか、バイクじゃない。まず、またがってみて、ちょっと重いかな。かんたんな説明を受けて少しだけスロットルを開けた。「スベッタ」一瞬思った。「スッ」と前に出た。バイクなら「ドンッ」だ。ギアが無いのが体感できる。アクセルが直接タイヤにつながっているみたいだ。公道に出た。バイクの「前進する」感覚とは全く別の「前方移動」する感覚の連続で、速度は放物線状ではなく右肩上がりの直線で加速していく。最初の2秒はモーターの音。次の2秒はタイヤが路上を回転する音。そのあとは風の音。空気抵抗のいいフルフェイスのヘルメットをかぶれば無音かなあ。左折するのにスロットルを戻すと一瞬ブレーキがかかる感覚。でもそこはよくできたバイク、いい感じに惰性の減速。これは気持ちがいいだけじゃない。いろんな意味で気分もいい。モッズをモダーンズ/先進的と解釈した場合、これはモッズが乗るのに最もふさわしい乗り物だ。行き先はブライトンじゃなくどこかのエコヴィレッジだな。この未来的な感覚・・・欲しい。
a0101591_1241032.jpg
a0101591_1241770.jpg
MinMin:最近何かと電気自動車の話題が多くて、いよいよ電気自動車の時代に進んで行っているのを肌で感じて、ずっと気になっていたところに、このバイクに触れる機会をいただきました。とても楽しみに乗って、スロットルをひねった感じは本当に新感覚で、音も走りも全く違っていてこれからはこういう時代になるんだと強く感じました。古い車やバイクなどデザインが好きなものはたくさんありますが、何かガソリンを使う乗り物に乗るのがとても古いことのように感じてしまうかも。このヤマハ・EC-03は、「ciao」的なヨーロッパのモペットのような気軽さで普通のデザインでけっこういいです。
by jetminmintopper | 2010-12-24 00:31 | MOBILE
雑誌 「モノ・マガジン」 掲載!
12月16日発売の雑誌「mono(モノ・マガジン)」のP27で、ブラウン管テレビのファンネルを再利用した照明器具2011のシリーズを紹介していただきました。2011は今まであまり紹介されることがなかったので嬉しいです。ぜひご覧ください。

来年はいよいよ2011年。これをデザインした時には2011年は遠い先に思えましたが、もうすぐ地デジに変わります。ブラウン管テレビを捨てる時は、謎のゴミ屋さんに持って行ったりしないで、正式な家電リサイクルのところに持って行ってくださいね。それが、JetMinMinの「2011」に生まれ変わるかもしれませんから。

b0162086_0573527.jpg
b0162086_0575251.jpgmono モノ・マガジン
2011 1-2.16 No.641
ニッポン、チャチャチャ
¥680

mono ONLINE
amazonで買う


2011のページ
by jetminmintopper | 2010-12-22 01:10 | WORKS
年末年始はお休みします
12月30(木)31(金/大晦日)
1月1(土/元日)2(日)3(月)4(火)5(水)
の一週間、お正月休みをいただきます。
JetMinMinProductsは通常はご注文いただいてから
2週間の製作期間をいただいていますが、
お休みの都合上、29日(水)までにいただいたご注文に関しては
3週間の制作期間をいただくことになります。
どうぞよろしくお願いします。
by jetminmintopper | 2010-12-21 01:18
雑誌 「MEN'S NON-NO」 掲載!
12月10日発売の雑誌「MEN'S NON-NO(メンズノンノ)」のP186「使える☆収納レシピBEST10」のスタイリングにHAPPY-FLAGを使っていただきました。ぜひご覧ください。

a0101591_12403377.jpg

a0101591_12405464.jpg


a0101591_12411868.jpgMEN'S NON-NO メンズノンノ
2011 January No.296
100人の、バッグの中身。
¥680

MEN'S NON-NO WEB
amazonで買う


HAPPY-FLAGのページ
by jetminmintopper | 2010-12-12 12:57 | WORKS
今年最後のトマト
a0101591_1251890.jpg
ベランダで育てていたトマト。寒くなってからも、実がたくさん成っていていました。食べられた最後のトマト。また来年もたくさん作りたいなぁ。
by jetminmintopper | 2010-12-12 12:55 | Little Farmers
ニッポンの農業
夏の猛暑の影響でジャガイモとタマネギの供給不足が生じている
値段も高騰
ジャガイモとタマネギとニンジンは3大野菜といって
どんなに貧乏な家庭でも買わないわけにはいかないもの
低価格での安定供給が必須

TPPはどうなる

もし僕がイオンの青果バイヤーだったらどうするだろう?
出遅れが許されない業界にいれば当然TPPに即対応できる体制を整えておくのは基本
今から何かをはじめるとしたら・・・
中国の大規模農家と契約を結びイオンの畑を確保しておく
(米には決して手を出さない、勝てない競争はしない)
農業指導を徹底的に行い4年後の有機野菜の収穫を目指す
品目はジャガイモ、タマネギ、ニンジン、キャベツ、ハクサイ、ピーマン、キュウリ
5年後にはイオン全店に必要な量を全て中国の契約有機農家からの供給を目指す
静岡空港と吉田インターの間に食物倉庫を確保し、流通体制を整える
ミヤネ屋や多くの情報番組を使って「中国産の有機野菜、オイシ〜♡」と宣伝
国民から中国産に対するアレルギーを一新させ完了
とこんな感じでしょうか
素人の僕でさえここまで思いつくのだから
業界のプロはもっとすごいことをしているだろう
もうすでに送り状を貼るだけの状態になっているかもしれない

さあどうするニッポンの農業
それでもまだ、JA(農協)に言われるまま形のきれいな農薬漬け野菜を作り続けるのか
有機肥料とは名ばかりのチッソ、リンサン、カリを蒔き続けるのか
いっそのこと中国へ出稼ぎに行くのか

僕ならもう一度小さなコミュニティーの形成からはじめて
生鮮食料品を大型スーパーに買いに行くやつはアホだと言えるほどの
本当においしくて安全な自然農法の食料品を直販するけどね
ただし専業農家にはならない
小規模農家が農産物で生計を立てるのは難しいから

ニッポンの農業の未来は決して明るくない
国としての食料の自給自足は今後いっそう難しくなるだろう
だからこそ周辺国と仲良くして
国境を取り除いて
大きな東アジアという枠組みの中での共存共栄を目指さなければいけないのだ


鍛冶屋は農業はしない
まわりの農家から食べ物をわけてもらい
かわりに彼らの鍬を直す
そのようにして村は成り立っているのだから     Jet
by jetminmintopper | 2010-12-12 12:09
ガチョ〜〜〜ン!
先日お亡くなりになった谷啓さんの「ガチョ〜〜〜ン!」
その昔子供達の間で大ヒットしたギャグで誰もが真似た。
谷啓さんは「俺のギャグなんだから他の人は使っちゃダメ」なんて言わなかった。
「コマネチッ!」や「ゲッッツ!」も同じ、そのギャグをあみ出した芸人さん達は皆
自身のギャグをみんなが使うことを喜んでいる。
中華料理の有名料理人、陳健一さんはNHKのきょうの料理に出演して
自身の「四川麻婆豆腐」の作り方をみんなに教えてしまった。
番組の最後にアナウンサーと一緒に食べながら
「おいしいでしょ♡」ってニコニコ笑っている。
「簡単だからみなさんもお家で作ってみてください」って。
デザイナーや科学者は違う。
意匠登録や特許をとって自身のアイデアを独占する。
そしてこう言う「誰も真似しちゃいけませんよ。真似したら訴えますよ。」と。

なんで?

素敵なアイデアやみんなの役に立つデザインなら
みんなで共有して素敵な社会にしたらいいじゃない。
企業もそう。
絶対事故を起こさない自動車を開発したんだったら
そのマニュアルを無料公開して安全な社会にしららいいじゃない。

僕は芸人さんや料理人がうらやましい。

私達のデザインやプロダクツは意匠登録のたぐいは一切とっていませんから
どんどん真似ていただいてかまいませんよ。
できればコンセプトごと真似てほしいと思いますが。
ただし、ブランド名やタグは真似ないで各々のを使ってくださいね。

いつか「知的所有権」なんてくだらない言葉がなくなりますように。


人は労働によってのみ対価を得るものである
知的貢献には尊敬を得る
権利の公使により他人の労働によって対価を得ようとするのは
下衆な考えである                  Jet
by jetminmintopper | 2010-12-11 19:28
火事と喧嘩は江戸の華
火事と喧嘩は江戸の華 といういい時代があった
と言っても完全になくなってしまったわけではない
今もしっかり生きているところもある
例えば下町の自治会や相撲界や歌舞伎界
火事と喧嘩は江戸の華
派手な生き方をしている人々は
派手な金の使い方をし
派手な酒の飲み方をすればいい
そのひとつひとつが武勇伝になるのだから
そして
もし
ハメをはずしすぎて
流血という事態を招いてしまっても
ちゃんと処理をしてくれる裏方の人々もまた
神輿の真ん中へんのかつぎにくいところをかついだり
もめごとなどなかったことにしてくれる
裏の自治会の「火消し」の人々だが
やっぱりその時代に生きている
ただし
決して警察だけは入れないこと
かれらはボヤを大火にする専門だから
そのことをヨメさんにもしっかり言って聞かせておくこと
まだお勉強が足りなかったね マオちゃん
残念ながらご主人にも非があるのですから
by jetminmintopper | 2010-12-09 12:09