<   2010年 01月 ( 13 )   > この月の画像一覧
JetMinMin田舎暮しプロジェクト 始動
a0101591_0483855.jpg
一昨年前、JetとMinMinは事実婚と共に共同生活を開始するのを期に「新しい生活」の模索を始めました。まず手始めにお互いが気になっている国に行ってその国の人々の生活を感じてみようと、アムステルダムとパリに街歩きをしに行きました。それをもとに次は実際に暮らしてみようと一番暮らしてみたかった東京にアトリエ兼住居を移して共同生活を開始しました。ひょっとしたら景気がすごく良くて、東京を拠点とした仕事がすごくうまくいっていれば、そのまま東京の人になっていたのかもしれませんが、タイミング良く世界同時不況。これが引き金となって、ここ数年ではなく、ずっと先、100歳で死ぬまでをどうやって生きようか、と、真剣に考え始めました。去年、東京を引き払った時は、やっぱり実家で生活費をあまりかけずにちょうど使っていなかった耕作放棄地があるからそこで半農半デザインで・・・なんてわりとやんわりと浜松での生活を始めました。実際農業をはじめてみたら、農薬や肥料の問題、飛散農薬の問題など、いろんなことが見えてきました。浜松の農家の「食の安全」に対する意識が何と低いことか。畑の作物はまわりの畑から逃げてきた虫たちのかっこうの餌食になり、葉っぱものは見事にスケルトンになりました。本当にいろいろ感じ、いろいろ考えました。世界中のいろんな生活スタイルを勉強しました。そこで出した答えは「サーメ」や「アルプ」のように生きたいというものでした。もちろん、いきなりフィンランドやスイスに引越すわけにはいきません。日本の南アルプスや北海道という手もありなのでしょうが、そこは仕事の都合もありますので、浜松で一番山奥に住もうという結論を出しました。

a0101591_0485690.jpga0101591_0491060.jpg
もう決めた以上早く始めたい。半農部分の春の作付けに畑を間に合わせて夏野菜を収穫したい。となると一日も早く物件探しをしなければということで、同じく農業&登山友達に紹介してもらった田舎暮しの達人の元へ。いくつか物件を紹介していただき、実際に田舎暮しを始めるにはどのようにしたらいいのかなど教えていただきました。浜松の中山間地域はどこも過疎化が進行していて、老化が進んでいます。亡くなってしまったり施設に入ったりして誰も住まなくなってしまった家も数多くあります。不便な場所にある畑はお年寄りには管理ができず、荒れて、原野に帰ろうとしているところもあります。たいていの空家は販売対象です。基本借りて住むのではなく買って住む。ボロ家付きの宅地が平均2万円/1坪、農地や山林は平均2千円/1坪。そこからボロ家なら解体費をマイナス。水回りなどを改修した家ならばリフォーム費用をプラス。宅地100坪+農地300坪ならば200万円+60万円=260万円。そこからボロ家の解体費約50万円を引くと、210万円で畑とレストアベースの家付きの主になれるわけです。まだまだ物件はあるらしいのでいろいろ見て検討を重ねて交渉を重ねて、なるべく早く田舎人になろうと思います。進行状況はちくいち報告しますからお楽しみに。

浜松田舎暮らしオフィシャルサイト
by jetminmintopper | 2010-01-30 00:50 | 田舎暮らしプロジェクト
森林散策体験会 光明山 4
森を間伐するために私達にできること

約40年前、日本は高度経済成長をしていました。豊かになれば家を建てる。当時の林業関係者達は日本がこのまま成長を続ければ必ず材木が足りなくなると思いました。そこで原生林を切り開き杉や檜を植えました。きっと将来宝の山になって大もうけできると思いました。多少不便な場所でもお金になるなら構わずに植えまくりました。その後、建築材料が鉄やコンクリートに変わり、また海外から安い材木が輸入されるとは夢にも思いませんでした。予想の一部は当たり、日本は成長を続けました。建物もたくさん建ちました。ただし、値段の高い国産材は使われなくなりました。鉄や輸入品に変わってしまったのです。
悪いのは森林業者だけではありません。狭い土地にできるだけ大きな建物を建てたがるゼネコン、輸入の安い材料を使って質の悪い利幅の大きい家を建てたがるハウジングメーカー、流行りのスカスカの建物を建てたがる建築家、中でも一番悪いのは、前者たちに仕事を依頼する施主。みんなが悪いんです。
さあ、その結果森はどうなってしまったんでしょう。間伐されていない人工林には地表に太陽があたりません。木は巨大なモヤシと同じです。根元や地面は苔に被われ、根をはらず、台風ですぐに倒れてしまいます。安心して育たない木々は、それでも種の保存を最優先にするがため、大量に花粉をまき散らし、市街地では排気ガスなどの成分と結合し、私達の鼻の穴を荒らします。花粉症です。雨水を蓄える力もなく、頻繁に土砂崩れをおこします。普通は雨が降るとまず山にしみ込みます。山が大きな浄水器の役割をはたし、ミネラル豊富なわき水を出し、沢となり、川となり、私達の飲み水になり、湖や海の栄養になります。養殖の海苔や牡蛎や近海魚をおいしくします。間伐されていない人工林に降った雨は山の表面を流れ落ち、川に直接流れ込みます。川は富栄養化して藻などを生えやすくなります。汚い水は浄化されることなく、川底に土砂をため、川は氾濫しやすくなります。飲み水はまずくなります。海産物はあまり育たなくなり、赤潮やクラゲを増殖させます。
みんなの問題です。みんなで責任をとりましょう。
これから家を建てる人はできれば地元の大工さんに地元の木を使って建ててもらいましょう。外壁や内壁もハメイタ貼りでお願いしましょう。ビニールクロスの内装やトタン貼りの外壁は健康によくありません。屋根に瓦を使わずにトタン葺きにすれば、屋根が軽くなって、きちんとスジカイが入ってさえいれば鉄骨よりも丈夫な家が建てられます。地元の木はそこの気候にあっているので家は長持ちして、健康に暮らせます。暖房に薪ストーブを使ったり、風呂を薪ガマにして、燃料にペレットを使うのも効果的です。
これからマンションを買おうとしている人は、少し郊外で一戸建てを建てる方向で考え方を変えてみてはどうでしょう。
これから大きな自社ビルを建てようとしている大企業の人や、都市部に高層マンションを建てようとしているゼネコンの方々や、いまだにガラス張りの建物がカッコイイと思っている建築家達には何を言っても無駄でしょうから、せいぜいエコにしてください。(エコって・・・サイテー)
他にも、燃料や紙の材料など、杉や檜もいろんな使い道があります。そこは各関係企業の方々の方がくわしいと思いますので、ぜひ前進させてください。
今、国産材は底値で、というか赤字値で、輸入材に比べて約2割高程度になっています。丸太で1㎥あたり1万円弱です。地元の製材所で材木にしてもらえばかなり安く買うことが出来ます。
日本の環境保護は山の再生からはじまります。

間伐って何?
杉や檜を植林する時、畑に作物を植えるのと同じように山に苗を植えます。杉や檜の苗はヒョロ長い(1M位)ので、風で倒れないように1M間隔位で植えます。徐々に育ってくると木々は立派に根を張るので風くらいでは倒れなくなります。中には育ちが悪くてダメになる木もあります。4M位に育つと枝振りも立派になるので間引かないと日当りが悪くなります。8Mくらいになるともっと間引かなくてはいけません。こうして12M超えに育つころには3~4M間隔位になるようにしていくのです。間伐された木は、その大きさに見合った使われ方をします。例えば小さければ割り箸、中くらいなら建具や角材、大きいのは柱材や板材、もっと大きいのは梁材といった具合です。ここまでが間伐。最後に残された超立派な大木は銘木となり、大黒柱や一枚板のテーブルになったりします。通常、建材として流通するものは間伐された木で、太いものでは根元で直径50cmを超えるものもあります。古民家のような立派な木造でなければ、間伐材だけで家は建てられるのです。が、今、山では全く間伐が進んでいなくて、ほとんどは荒れっぱなし、間伐したとしても需要がないので、切ったまま山に転がしっぱなし、林道に近い見える範囲のみ間伐してトラックに積まれて流通されている状況です。宝の山のつもりで植えた苗によってゴミの山になってしまっているのです。

*私達JetMinMinと一緒に環境にやさしい家を建てませんか?
一緒にというのは読んで字のごとく、あなたも軍手をはめるという意味です。今の日本の建築基準法では、自分の家を自身が建てる場合、わずらわしい確認申請など専門家(建築士)にお願いしなければいけない書類などを省くことができます。(地域によって違いはありますが)その分、余計な出費を抑えられます。何が環境と健康に一番いいことか、何が一番カッコイイことか、この先どんな生活を始めようか、私達と一緒に考えながら一緒に汗を流して自分の小さな家を建てるのも楽しいと思いますよ。
by jetminmintopper | 2010-01-23 18:48 | TRIP
森林散策体験会 光明山 3
a0101591_0443789.jpga0101591_0444736.jpg
a0101591_045065.jpga0101591_0451062.jpg
a0101591_0452331.jpga0101591_0453397.jpg
森の中は荒れていました。
この辺りは杉や檜の植林が盛んで、ほとんどが人工林です。間伐も進んでいません。ほっといて自然の森に帰ればいいのですが、実際には杉や檜が密集して茂っていると日が地面にまで当たらないので、他の植物が育たず、どんどん荒れてしまっています。密集していると木が弱っているので、少しでも子孫を残そうと花粉をたくさん飛ばし、花粉症の原因にもなっています。根も深くはっていないので、山の治水能力がなく、土砂崩れが起きやすくなったり、台風の風の通り道で木が倒れてしまっていました。でも深い森の中で、間伐をしてその木を山の下におろして使うには大変な手間がかかりそうです。道路に近い便利な場所は間伐がされていて、日の当たり方が全然違います。
私達の商品でも間伐材を使用しようと試みたのですが、今のところなかなか上手くいっていません。こうやって実際に山の中を歩いて、地元の人の声も聞いていると、私達が使ったくらいでは全然追いつかないのですが、もっと積極的に使える方法をいろいろ考えないといけないなぁと改めて思いました。日本の国土の70%は山林だそうです。その約半分が人工林、豊かな日本の宝、大事にしていきたいです。

a0101591_0454792.jpga0101591_0455895.jpg
水が溜まっているところには、イノシシが体を擦り付けた跡があります。糞が落ちていたり、カモシカが葉を食べた跡があったり、野生動物がたくさん住んでいます。

a0101591_0461523.jpga0101591_0462690.jpg
しいたけの栽培が盛んです。山の麓には、原木が並んでいます。道の駅「いっぷく処 横川」では、毎年11月から「原木伐採」「菌打ち」「ふせ込み」「収穫」までを1年以上をかけて体験できるそうです。

a0101591_0463886.jpga0101591_046494.jpg
今まで杉と檜の木の違いを感じたことがありませんでした。大きな違いは葉の形です。左上、杉。右上、檜。檜の葉は、簡単に細かく崩れて土に還りやすいそうです。いつも家具を作るときなど、材木としてしか見ていなかったのですが、実際に木に触れて特徴を知るともっと楽しくなってきます。葉っぱと実、かわいいです。

森林散策体験会は、毎月第3日曜日に行われています。2月は、「春野いきいき天狗村」集合です。私達もまた参加したいなぁと思っています。興味がある方は参加してみたらいかがでしょうか。
申し込み&問合せ:春野いきいき天狗村:053-985-0500
by jetminmintopper | 2010-01-23 01:03 | TRIP
JetMinMinProducts 新作の紹介
ギフトショーが近づいてきました。今年春夏のJetMinMinは新作が盛り沢山です。
新作は全てギフトショーで初披露するのですが、その前に、気分を盛り上げるためにも、ProductsNewsで少しずつ紹介しています。
ぜひご覧ください。
JetMinMinProductsNews

a0101591_0141267.jpg

by jetminmintopper | 2010-01-23 00:18 | WORKS
森林散策体験会 光明山 2
歩き始めて2時間、光明寺跡(光明城跡)に到着。標高540mからの景色はすばらしいです。
この辺りの地形がよく解り、浜松の街や遠州灘、エコパスタジアム、天竜川、浜名湖を見渡せます。

717年にお寺が建てられてから、戦国時代に今川氏家臣が山城に改築したそうです。昭和6年に火事で焼失してしまって、現在は、石垣のみが残っています。遠い昔の人々の暮らしに思いをめぐらせるひと時。

a0101591_22515163.jpga0101591_2252250.jpg
a0101591_22521310.jpga0101591_22522247.jpg
樹齢200年の多羅葉の木。

a0101591_22523940.jpga0101591_22525187.jpg
a0101591_2253595.jpga0101591_22531681.jpg
a0101591_22541844.jpg
a0101591_22533036.jpga0101591_22534124.jpg
a0101591_22535348.jpg
つづく
by jetminmintopper | 2010-01-21 23:01 | TRIP
森林散策体験会 光明山 1
a0101591_0222566.jpg
日曜日に森林散策体験会に参加してきました。
森林コーディネーター(山岳ガイドのハイキング版)の勉強をしている友達が誘ってくれました。あまり詳しくわからないまま、おむすびと水筒を用意して、朝9時前に「道の駅 いっぷく処横川」へ。30名くらいの参加で、いっぷく処横川の方々と森林コーディネーターと一緒に光明山の光明城跡などを巡る約7時間の行程でした。
風もなくて雲一つない、いい天気の穏やかな日で、最高のハイキング日和でした。こういうイベントに参加したのは初めてでしたが、森の説明や、森林の現状についてなど、地元の方の声を聞くことができてとてもいい経験になりました。

a0101591_023212.jpga0101591_0231066.jpg
a0101591_0232265.jpga0101591_0233338.jpg
a0101591_0234385.jpga0101591_02426.jpg
つづく
by jetminmintopper | 2010-01-21 00:50 | TRIP
雑誌 「LiVES」掲載!
今日1月15日発売の雑誌「LiVES(ライヴス)」の特集「住まい&ライフスタイルカタログ2010『暮らしにもっとグリーンを!』」の中で、わたしたちJetMinMinとJetMinMinオリジナルプロダクトをP60〜P63の4ページで紹介していただきました。
はるばる浜松まで取材に来ていただいて、半農半デザインとプロダクツのことなどを上手く紹介していただきました。ありがとうございました。

ぜひぜひ、ご覧ください。

a0101591_071978.jpg
a0101591_061215.jpg
a0101591_074240.jpg




LiVES ライヴス
FEB.-MAR. 2010,Vol.49
住まい&ライフスタイルカタログ 2010
¥980
LiVES web
LiVES vol.49 amazonで買う


by jetminmintopper | 2010-01-15 23:50 | WORKS
JetMinMinProducts ギフトショー出展のお知らせ
a0101591_037461.jpg
JetMinMinオリジナルプロダクツ、2年目に突入しました!
2月のギフトショーに出展します。今回は、ReMakeの新作を多数発表予定です。
期間中JetMinMinが会場でみなさまのお越しをお待ちしています。

■Tokyo International GIFT SHOW 2010 Spring
「ACTIVE DESIGN & CRAFT FAIR」『ACTIVE CREATORS』
2010.02.02(tue) - 02.05(fri) 
10:00-18:00  5日10:00-16:00
place:東京ビッグサイト西展示棟・西4ホール(西4506)

ギフトショーサイト
ACTIVE CREATORSサイト
by jetminmintopper | 2010-01-15 00:47 | WORKS
JetMinMin The JAM レモンジャム
a0101591_0485352.jpga0101591_049363.jpg
鈴木さんにもらったレモンでジャムを作ってみました。
最初作ったジャムは、皮が大きくて固くて苦かったので、
2回目は、皮を細かく切って水も足しました。トロットロでとてもおいしくできました。
ヨーグルトに入れたり、紅茶に入れたり、パンにつけたり、さわやかでやさしい味です。

鈴木さんちのレモンは庭に植えてから農薬も肥料も一切使わずに育てられたものです。このジャムはそのレモンと水と砂糖だけ。ビンは湯煎で煮沸され、保存料などは一切使われていません。100%安全でとっても贅沢な食べ物です。できることならこういうものだけ食べていたいといつも思います。
by jetminmintopper | 2010-01-14 00:57 | JetMinMinFarm
雪の日
a0101591_0385126.jpg今日は、とても寒い一日でした。
この温暖な浜松でも昼前に雪が舞っていました。
いつもと違った風景。
頬を刺すような冷たい空気は、頭の中まですっきりするような感じがします。
a0101591_039265.jpga0101591_0391387.jpg

by jetminmintopper | 2010-01-14 00:46 | OTHER