旅行レポート7日目 10/13 パリ [ル・コルビュジエ] クック邸
ル・コルビュジエ(Le Corbusier)のモリトールのアパート(Immeuble Nungesser et Coli
L'appartement-atelier de Le Corbusier)の後に、北西に少し歩いたところにあるクック邸(Villa Cook)に行きました。ここは、実際に住んでいる人がいるので、外からのぞくだけです。このクック邸で、コルビュジエの「近代建築の5原則」が初めて具体化されたと言われているそうです。
<近代建築5原則 ピロティ・水平横長の窓・自由なプラン・自由なファザード・屋上庭園>

a0101591_20332791.jpga0101591_20333514.jpg
a0101591_20334335.jpga0101591_20335183.jpg
a0101591_2034893.jpga0101591_20341663.jpg
この辺りは、一軒家が並んでいて、コルビュジエ以外にも近代建築の家が多く、見て歩くのが勉強になります。貴重な家の前にはプレートが立っていて建築家の名前と説明が書かれています。

Villa Cook(1926)
6, rue Denfert-Rochereau, 92100 Boulogne-Billancourt
http://www.fondationlecorbusier.fr
google map

これで、Le Corbusier(ル・コルビュジエ)のパリ近郊建築巡りは、おしまいです。1日でまわった数軒で、少しですがコルビュジエの人柄や考え方、大事にしていることに触れることができてとても嬉しく勉強になりました。ありがとうございます。
オランダ・フランス旅行日記もしばらく間が空いていますが、あと2日分あります。また、たまに登場します。


a0101591_20342547.jpg近くで見たかわいい場所。
a0101591_23435166.jpg近くで見た石を埋め込んだ壁。

by jetminmintopper | 2008-07-02 20:59 | Amsterdam-Paris
<< 今日のトマト 今日のトマト >>