SANGO CAFE Visual Design
a0101591_0534518.jpga0101591_0535576.jpg
a0101591_0542298.jpga0101591_054332.jpg
a0101591_0545375.jpg浜松市西区、浜名湖東側の漁港の町、舞阪町に新築された鉄板焼喫茶店『サンゴカフェ』のヴィジュアルです。いつもスチールの造形物を作ってもらっている『じんぱち』君から頼まれた仕事です。舞阪という場所は、漁港ではあるものの、浜名湖そのものがすでに観光地とは呼べないエリアで、地元色が強いとでも言うべきか、田舎町と言うべきか、『サンゴカフェ』の立地はそんなところです。我等、JetMinMinは『じんぱち』君との打ち合わせや、小魚を釣りに行くなど、割と舞阪にはよく行きます。観光地化されていないので、ゆっくりとした心地良い空気がながれています。『サンゴカフェ』のヴィジュアルをデザインするにあたり、一番気をつけなければいけないのは、この緊張感のない、イイ感じの空気感を決してこわしてはいけないということでした。この店には、ちょっと疲れた人達にぜひ来てほしいと思いました。危険と隣り合わせの地元の漁師や、コンクリートの箱の中で働くサラリーマンたちのための、ちょっとした休憩所のような場所になったらいいと思いました。『サンゴカフェ』の奥さんだったらこんな人達をきっと柔らかく迎えてくれるんだろうと思いました。駐車場やアプローチや店の前に、なにげに置かれたコミカルなサンゴのオブジェが来訪者の緊張感をとりのぞいて、店に入ってくる人の顔がみんな笑顔だったらいい。ここは舞阪なんだから。
by jetminmintopper | 2007-07-02 23:51 | WORKS
<< いわしのパスタとかぼちゃスープ Kビル 建築検査完了 >>